伊勢路 : 関宿 (三重県) ここ伊勢路の関宿は過去に二度訪ねているが、その度に静かでのどかな家並みに気持ちが落ち着くのを感じる。今回も特に目的は無かったが旅の途中につい寄ってみたくなった。初秋の陽ざしがまぶしいなかに、輝くような屋根瓦の並びがなぜか強く心に残った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵那:岩村城跡 (岐阜県)

岐阜県恵那市にある中世の山城跡で、このあたりは霧が多く発生する為別名を「霧ケ城」とも呼ばれていたとか。特にこの城は戦国時代の武将、織田信長の叔母にあたる夫人が当主となるが後に信長の手によって死罪となってしまうという悲哀の物語が残っている。なんとも残酷な戦国の世であった事か・・・・。今は静かな木立の中に苔むした石垣だけが残っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木の元宿  (滋賀県)

琵琶湖の東岸を走る国道365号線。木の元・今庄・武生・鯖江をへて福井に至る「北国街道」は名前からして一度通ってみたい街道であった。作家の司馬遼太郎著作の多くの本、特に「街道をゆく」等でも紹介されている北国街道は以前から興味深く愛読しているが、機会あって長浜から琵琶湖東岸を走り「木の元宿」経由してほぼ琵琶湖一周。ほんの少しではあったが街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中山道 : 馬籠宿 (岐阜県)

木曽11宿の一つで何度か訪れている馬籠宿。急な坂道の両側にみやげ店・茶房などが並び、また宿場の真ん中あたりには本陣・脇本陣があって大名達の参勤交代でその宿泊に備えられ、そのほかにも旅籠や飯屋なども多く軒を並べていたとか。現在は旅籠も少なくなっているが、この「但馬屋」はそんな中の一軒である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花菖蒲  (神奈川県)

「いずれがアヤメかカキツバタ」と昔から言われる様に、この時期地元でもあちこちで咲いてはいるが未だにその区別がよくわからない。最近になってやっとその種類が大きく三つある事が理解できた。「花菖蒲・カキツバタ・アヤメ」の三種類だ。更に紫色が主流のようだが、黄色や白色・薄い肌色・空色など多くを観る事が出来る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南紀 : 円月島 (和歌山県)

正式名は「高島」というが、島の中央に海蝕でポッカリ洞が開いているため通称「円月島」と言われている。和歌山県の「夕日100選」にも選ばれていて、その美しさは格別とか。残念ながら旅の途中ではタイミングが合わず、その素晴らしい夕景を観る事は出来なかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島宿 : 参道  (長野県)

木曽路の春は何時来ても気持ちがゆったりした感じになる。数年前に訪ねた福島宿は今日も静かだった。「中山道上の段」の旧い家並みの奥にある禅寺、参道にも人影は無くどこかで猫の鳴き声がしているだけだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more